暖かい所から雪国に引っ越す、ペットがいる飼い主さんへ小さな小さなマメ知識。

もともと暖かい地方に住んでいた人は、雪国に引っ越してきた

時に、飼い犬や飼い猫をどう過ごさせればいいか悩むのでは、

ないでしょうか。



特に外飼いの犬などは、暖かい地方の感覚で飼っていたら、

すぐに凍え死んでしまいます。

だからって立派な犬小屋を買うのも、ちょっとと言う人に、

ちょっとした小さな小さなアイデアをアドバイス。

もしも外飼いの犬であれば、通常の犬小屋では死んでしまう

ので一工夫しましょう。

犬小屋の内側に発泡スチロールを張り巡らせます。

狭くなり過ぎない程度に、犬小屋の内側の壁や床すべて

に近所のスーパーからもらってきたようなもので、構わ

ないので、屋根の内側にも忘れずに、発泡スチロールを

つけてあげましょう。



発泡スチロールの保温性は、かなりすごいです。

私も関東育ちなので、東北の人に外で座る時は、発泡スチロール

の上に座ると暖かいし、冷えてこないよって言われて、実際に使っ

てみて初めて「すごい!あったかい!」と実感しました。

なので、保温性も抜群!まだまだ、犬は外で飼うものでしょう?

っていうタイプの人は、発泡スチロールが安上がりです。



段ボールだっていいんじゃないの?なんて思っている人は、実際に

段ボールと発泡スチロールを両方持ってきて、雪の上に置いて座っ

てみて下さい。出来れば長い時間。否が応でも実感できます。

そして出来れば、入り口に扉を作ってあげましょう。

東北の冬は、吹雪の際の風がすごいです。風では簡単に動かない

ような扉をつけてあげることが必要です。



しかしながら、ものすごい寒波や豪雪や吹雪の時は、やっぱり、

さすがに玄関にでも、入れてあげないと次の日確実に小屋の中で

死んでしまう可能性は大です。

セントバーナードやサモエドじゃないかぎりはね。

ちなみに余談ですが、豪雪地帯でセントバーナードが外飼い、

しかもスカスカの犬小屋で飼われて、吹雪の中でも元気にして

いる様子は見た事があります。しかも、天気の良い日はハァハァ

と舌を出していた。流石セントバーナード凄すぎる。



後は猫ちゃんですが、部屋中が暖かい家ならなんの問題もない

のですが、暖房のある部屋と無い部屋、廊下がとても寒いなどの

家で、部屋ごとに猫扉を付けるなら、ちょっとだけ工夫を。

扉の開け閉めで、部屋が寒くなるのはどうしようもないにしても

ちょっとだけ、扉に布をつけると、ちょっとだけ温かみが変わり

ます。たとえば寒い廊下から、自分の部屋に猫ちゃんが入ってく

る場合は、廊下側と部屋側の両方に、布きれを一枚づつ付けます。

いらないハンカチとかでもいいので、猫が簡単に通り抜けられる

ように猫扉より、ちょっと大きめにフンワリで構いません。

これが意外に部屋の暖かさを、保ってくれるのです。



数万円もするガッチリした猫扉を使っているなら、いいのですが、

なんとなくペラッペラなものだと、雪国では結構、猫の出入りの

際には、冷気が入ってきてしまいます。

これは外飼いの犬小屋にも、やってもらうと、断然保温性が違っ

てきます。

うちでは、ほとんどの猫扉が父のお手製なので、ペラッペラです。

私の「寒いよ。」の苦情でなんとなくハンカチを付けてくれたので

すが、かなり違うということに驚きました。

ただし初めて付けた時は、猫が驚くのが難ですが。(笑)

慣れれば大丈夫です。(笑)

ぜひこれから、雪国に引っ越し予定があってペットがいる人は、

騙されたと思って、実践してみてください。

意外や意外、思う以上に効果を発揮すると思いますよ。

騙されたと思って、やってみてください。(騙されるかも?)(笑)



↓ポチッとお願いします♪

人気ブログランキング

この記事へのコメント